Monthly Archive, 1月 2016

二の腕のダイエットとダンベルについて

二の腕のたるみが気に掛かるようになるのは、二の腕の筋肉を使わなければならない場面が少ないためです。 Read more…

お腹を効率的にダイエットするには体操がおすすめ

下腹部の膨らみが悩みの種という人がいますが、人間の体は、脂肪をお腹に蓄積することで、内臓を守るようにできています。 Read more…

お腹をダイエット

お腹をダイエットで細くしたいという人は少なくありませんが、部分痩せの中でもお腹を引き締めることは難しいといいます。

ダイエットでお腹を引き締めるためには、特に意識して取り組むべきことがあるといいます。

日々の呼吸は、特に意識せずに行っていることです。

しかし、太りやすい呼吸と、太りにくい呼吸というものがあります。
Read more…

簡単習慣で脱おデブ!

今まで色んなダイエットに挑戦してきましたが、どの結果も見事に惨敗で、私には一生ダイエットなんて…と落ち込んでいたところ、一冊の本に出会いました。ダイエット本を買うのはこれで最後と決めていたのですが、どうやら買って正解だったようです。その本の内容は極めてシンプルで、太っている人がやりがちな習慣を意識して正していくというもので、食事制限などは一切ないようだったので、これなら続けられるかも!と思い、現在ダイエット中です。以前はたいして意味もなく、少し空き時間があると、コンビニやスーパーでスナック菓子やチョコレートを購入して、一日のうちに平らげてしまうことがよくあったのですが、冷静になって考えてみると、些細なストレスが原因でそうなってしまったことに気づいて、そこから別の方法でストレスを解消することに成功。その方法はけして特別なことではなく、食べる代わりに、マニキュアを塗ってみたり、入浴剤を買ってみたりと、こつこつと自分磨きをするだけ♪一か月でトータル3キロ落ちたので、これからも地道に頑張りたいと思います。加えて学割が効くラ・パルレにも通い始めました。

鍋ダイエットのデメリット

栄養バランスを取りやすいのでメリットが多い鍋ダイエットです。鍋ダイエットのデメリットは、どんなところにあるのでしょうか。バリエーションを持たせたつもりでも飽きやすいというデメリットがあります。水炊き、しょうゆ味、味噌味などバリエーションを持たせても、どうしても飽きてしまうという場合もあります。また、家族と一緒に食事をする場合、家族は毎日鍋では嫌だと思いますし、毎回、同じメニューをシェアしにくいというデメリットがあります。鍋ダイエットは秋~初春にかけては良いのですが、暑い時期には熱い鍋を食べるのはしんどいと感じる方も多いと思います。鍋と同じような食材をあらかじめ煮ておいて、冷ましてからポン酢などで食べるなどの工夫で食べやすくなります。それにしても飽きるという場合には、他の置き換えダイエットと組み合わせてダイエットするのもお勧めです。例えば週に2回を鍋ダイエット、週に2回をフルーツダイエット、週に2回をそばダイエットにして週に1回はご褒美でダイエットをお休みにするなどの自分なりのプランを立てましょう。

体質改善を要する息子のために青汁を飲ませています

息子は便秘体質。ふとした拍子にくしゃみや鼻水が止まらなくなってしまいます。学校生活が始まり、親の手の届かないところで苦労する息子が可哀相で、脱便秘を目指して体質改善を試みました。
Read more…

アディポネクチンダイエットの効果

アディポネクチンダイエットとは、ヒトの身体にあるアディポネクチンという物質を増やすことで減量を目指す方法です。このアディネポネクチンは健康効果のある善玉物質のひとつと言われています。食欲を適正にコントロールすることができ、脂肪を燃焼する働きのあるレプチンの働きを促進させる効果が期待できます。また筋肉や肝臓の働きも改善してくれるので、健康面においても効果がある方法と言えるでしょう。また他にも動脈硬化や糖尿病、メタボリックシンドロームなど生活習慣病の予防や改善にも効果的です。このアデポネクチンを増やす一番の近道は、内臓脂肪を減らすことです。アディポネクチンは内臓脂肪が増えると減少してしまうことがわかっているので、内臓脂肪を減らしながら健康的なからだをつくることを目指しましょう。またきな粉やチーズなど食品を摂取することも効果的です。チーズなどは脂肪が多いのでダイエットには向かないイメージがありますが、実は血液中の中性脂肪と総コレステロールの濃度が低下働きがある健康的な食品であることがわかっています。アディポネクチンと同じ効果のあるオスモチンを含む食品も同時に摂取すると良いでしょう。そして適度な運動も習慣にしていきましょう。

カロリーOFFの食材ばかり食べていてもよくない

確かに満腹感は出ることがあるのですが、 Read more…

全身のダイエットに効果的な簡単な体操とは

体全体を引き締めたいと考えているなら、ラジオ体操のダイエットはどうでしょう。

小さい時からラジオ体操に親しんできたという人は大勢いるでしょうから、気楽にできる運動だといえるでしょう。屋内外のどちらでもできるラジオ体操は、場所もとらずに、大きな振動を立てる心配もない、親しみやすい運動です。

Read more…

炭水化物ダイエットっていいの?

炭水化物ダイエットは、3回の食事のうち 1回のメニュー内容を見直すだけの簡単な方法なので、 誰でもすぐに実行できるだけでなく、ダイエット効果も 早く現れるダイエット方法です。

みるみるうちに体重を減らすことができるダイエット方法なので、 一層の効果を期待して、ダイエットをしすぎてしまう人もいます。

人体の機能を保つためには、炭水化物は欠かせません。 なので、著しく炭水化物の摂取量を減らしていると、 体調を悪くする原因になってしまいます。

炭水化物は、体内で速やかにエネルギーになる 栄養成分です。

そのため、炭水化物を摂取しないでいると、 集中力が低下したり、頭がぼうっとするようになったり、 疲労を感じやすくなるという症状が現れます。

このことからも、炭水化物を全く摂取しない食生活では、 体によくありません。

このダイエット法は、食事に含まれる炭水化物の量を ゼロにするのではなくて、ある程度は炭水化物を 摂取することで、健康状態を保つ心がけが必要です。

そして、食事からの栄養の偏りがないようにすることが 重要です。

長い期間にわたって炭水化物ダイエットをしすぎると、 骨密度が低下して、場合によっては骨粗しょう症に なりやすくなる可能性もあります。

あくまでも、健康を阻害しないよう、配慮が必要です。

 

健康・美・お金