メタボリックシンドロームとは?

11月 26, 2018Comments Off on メタボリックシンドロームとは?

いろいろな場所で見たり聞いたりするメタボリックシンドロームですが、メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」ということを意味します。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを誘発させる原因になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどがきっかけとなって起こるものといわれています。

この予防策としては、日頃からジョギングなどの有酸素運動をしたり筋肉トレーニングをすることで運動不足にならないようにし、食生活も整え、身体に蓄積してしまった脂肪をなくすことです。40歳を超えると、このメタボリックシンドロームがあっという間に増えると言われています。そんな時期も、今では食生活の欧米化などのせいで関係なく、もっと若年層の人たちまでもがそんなメタボリックシンドロームの可能性を秘め、いわゆる「予備群」として存在しているといわれています。

メタボリックシンドロームを引き起こす原因は、言うまでもなく体脂肪が増加する身体ということは忘れてはならないことです。身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、人間にとってはひとつの本能で、それは人が生きていくために欠かすことができないことです。生まれつき肥満になりやすい、体脂肪を貯めやすいという人もいて、そんな肥満遺伝子というものを持っている人は、そうでない人よりもさらに真剣に食生活を正常な状態に戻し、整えていく必要があるでしょう。肥満度が高すぎるという状態は、少なからず身体に悪い効果を及ぼしてしまいますから、そうならないようにしっかりと防止することが大切になります。

体脂肪率をきちんとチェックして、恐ろしいメタボリックシンドロームを防ぐようにしましょう。

らでぃっしゅぼーや 食材宅配 子供のいる家庭

Categories: 基礎知識