ウォーキングは実はあまり意味がない

12月 5, 2018Comments Off on ウォーキングは実はあまり意味がない

ウォーキングで足腰を鍛えるというお年寄りや女性の人も多いと思いますが、実はあまり意味がないらしいのです。

これはテレビでやっていたのですが、ただダラダラ長時間歩いても多少の有酸素運動にこそなりますが、ダイエットや筋トレには程遠いというのです。

ウォーキングをするならかなり意識して大股で速足で行わないと運動をしたとはいえないんです。

だからウォーキングをするくらいなら、超遅くてもいいのでジョギングのようにぴょんぴょんしながら進んだほうがダイエット効果は高いんです。

ただ太ももを鍛えるという目的、または脚痩せが目的の場合はジョギングもあまり意味がありません。

というのも、やはり太ももなどの脚痩せをする場合、足を引き締める筋肉をつけないと締まらないということなんです。

結局骨格は遺伝によって変わらないわけですから、あとはそれを取り巻く筋肉や脂肪を何とかするしかありません。

脂肪はある程度有酸素運動などで燃焼することができますが、筋肉をつけないと結局スリムにはならないというわけです。

おすすめは有酸素運動をしながらもスクワットなどの筋トレメニューをしっかり取り入れるということですね。

スポーツジムにお金を出して通うというのも自分に制約をかけるという意味では有効でしょうね。

脚を痩せるダイエット方法はこちら