太りすぎて写真にうつるのが嫌にでも自分を変えたいとダイエットしてみた

3月 21, 2019Comments Off on 太りすぎて写真にうつるのが嫌にでも自分を変えたいとダイエットしてみた

妊娠して出産するまで12キロほど太りました。産後すぐは、自然に痩せるものだと思い込んでいたこと、母乳育児だったため、栄養を摂らなくては、と必要以上に食べていました。見事に顔が大きくなり、赤ちゃんと写真に写る自分が嫌になったことです。 健康的に痩せたかったこと、とにかく元通りの体重に戻したかったです。

運動は嫌いだし、食事制限もストレスになる、と分かっていたので、目標は長期で緩めに設定しました。

半年で6kg(1ヶ月で1kg)を目標にしました。たまたまNHKの「ためしてがってん」で「計るだけダイエット」を見ました。

さっそく記録用紙をダウンロードして次の日から開始しました。グラフになる用紙でしたが、1週間でも変化があり、楽しくなったので、これならできる!と思いました。

体重を計るのは朝とお風呂前、と決め、毎日同じ条件で計りました。記録用紙を目につく場所に貼り出すことで、夫の目もあるので、簡単にやめることができないようにしました。同時に赤ちゃんをベビーカーに乗せ、たくさん歩きました。 「母乳育児中」という言い訳のもと、食べるものは気にせずに食べていました。

おやつや甘いものも食べたいだけ食べていたので、食事も少し気をつかえば、もっと体重が減ったかもしれない、と思います。筋肉に働きかけることもしなかったので、同時にできる強い心が欲しいです。

「ダイエット」という言葉だけで運動嫌いなわたしにはハードルが高く、ネガティブな感情しかありませんでした。ビセラという口コミがいいサプリを試してみました。

でも毎日「計るだけ」という方法で、「わたしにもできる、できた」という自信になりました。顔が小さくなると、写真にも笑顔で写れるようになりました。

初めから高い目標を掲げると、挫折してしまい「わたしにはできない、無理だ」という感情がうまれると思うので、目標は手が届きそうなところに設定するとよいと思います。

「変わりたい」と思えば、きっと変われると思うし、自分に合う方法があるはずです。

Categories: 体験談