10日間で5キロ痩せる!のような短期ダイエットはリバウンドのリスクが高い

4月 27, 2019Comments Off on 10日間で5キロ痩せる!のような短期ダイエットはリバウンドのリスクが高い

  • すぐ数週間後にコンテストがあって、体を絞らなければならない。
  • 1生に1度の結婚式がもうすぐ先に迫っている
  • 夏までになんとか痩せてビーチを存分に楽しみたい
  • 彼氏・彼女とのデートで脱ぐかもしれないから痩せたい

このような理由から減量を考える方は比較的多いと思います。

たしかに減量には急を要する場合もあり、それが実際に大きなモチベーションとなることもあります。

しかし、それはらあくまで「短期間での減量」であり、継続的な健康な習慣「ダイエット」とは少し違うものだと言えるでしょう。

 

ダイエットというのは、健康的な生活習慣によって得られるものであり、単純な体重の増減だけで判断してしまうと、その捉え方自体がリバウンドの原因ともなってしまいます。

そもそも脂肪は、1日2日でつくわけではなく、1日に10gずつ増えたものが1ヶ月で300g、3ヶ月で1kgと、日々の積み重ねと、基礎代謝の衰えなどが大きな原因となります。

 

長期的な生活習慣によって10キロ太ったのに、それを5日とか10日で10キロ落とせる!と考えること自体、危険なダイエットになるというのは、なんとなくイメージつきますよね。

短期間でもしっかりとカロリーコントロールができていたり、先々まで健康的な食生活や運動を習慣として身につけない限りは、徐々に以前と同じか、それ以上の体重にリバウンドしてしまうこともありえます。

 

特に、なにか目標の日程があってそのためにダイエットをしようと考えると、基礎代謝量を下回る極端なカロリー制限を行ったり、続けることが苦痛になるレベルで激しい運動を短期間だけ実施することも多いです。

結果は出るのかもしれませんが、極端な食事制限は習慣化できませんし、できたとしても筋肉量が低下し、いつも以上に食べるとすぐに太る体になってしまいます。

 

運動も、一時的なものでは結局あとでいつもの食事量に戻った時に、悪習慣を断ち切れていない場合、徐々に太っていくのは当然でしょう。

 

そういった無理なダイエットをするよりも、例えば毎日お酒を欠かさず飲んでいた、というのを週の半分だけにするとか、週に2〜3回だけ、20分間でもできる範囲で運動をする習慣を半年かけて身につけた、といったことのほうが、継続的なカロリー収支の上で重要で、半年かけて今の体重の10%くらいが落ちていた、というほうが、その後も理想の体型まで続けやすいです。

 

ですので、ダイエットを健康的な習慣として自分の生活にとけこませるには、約1ヶ月ほど、続けられる内容で、モチベーションの低下がないような内容をプランしていくことがとても重要です。

 

筋肉を増やして基礎代謝アップしつつ、満足度の高い食事を摂ることができる方法としては、週に2〜3回程度の筋トレ(1回のセッションで20分程度)で、体の大きな筋肉を使うメニューを組んでいくと、比較的うまくいきやすいです。

 

より詳しい方法は、以下のリンク先のサイトも役に立つかと思うので、是非興味のある方はチェックしてみて下さい。

筋トレや食事管理でリバウンドのないダイエット